生活の節約術.comメイン画像

医療費控除について

医療費控除について医療費控除とは、本人と家族が医療費を支払った場合に一定金額の所得控除を受けることをいいます。
※ 1月1日~12月31日の期間を合算した医療費に対して適用されます。

年間に医療費が10万円以上かかっている人は、適用される可能性がありますので、是非申請しましょう!



医療費控除の対象になるものは?

■医療費控除の対象になるもの
・病院、歯科の治療費、薬代
・薬局で買った市販の風邪薬
・入院の部屋代、食事の費用
・妊娠の定期検診、検査費用
・出産の入院費
・病院までの交通費
・子どもの治療のための歯科矯正
・在宅で介護保険をつかった時の介護費用

■医療費控除の対象にならないもの
・人間ドック等の健康診断費用(病気が発見されない場合)
・自分の都合で利用する差額ベッド代
・健康増進のビタミン剤や漢方薬
・病院までマイカーで行った時のガソリン代や駐車料金
・里帰り出産のために乗った飛行機代
・美容整形



医療費控除っていくら貰えるの?

医療費控除の金額は下記の計算式で割り出せます。

医療費控除額=(医療費控除の対象になる医療費 - 保険金等で補てんされた金額) - 10万円(総所得200万円未満の人は総所得金額等×5%)

保険金等で補てんされた金額については以下のような物がございます。

・出産育児一時金(出産手当金は引かなくてもいいです)
・高額療養費
・生命保険や、損害保険の支払い保険金
・医療費の補てんを目的としてもらう損害賠償金


例として、
■医療費が年間30万円かかり、保険金等で補てんされた物がない場合 → 20万円の控除を受ける事ができます。
■医療費が年間50万円かかり、保険会社からの保険金が35万円だった場合 → 5万円の控除しか受ける事ができません。